2016年2月アーカイブ

2/16()岡大サポートセンターでは、「3.11東日本大震災から5年後~被災地の当時とその後~」というテーマでセミナーを開催しました。

 

図1.jpg

まず参加した学生5名で震災当時自分がどこで何をしていたか、その時思ったことや感じたことを出し合いながら、当時を振り返りました。それぞれの年齢や住んでいた場所によって大きく違い、一人ひとりの意識や行動にも変化をもたらしたことがわかり、興味深いものとなりました。

 

DSC_3487.JPG

 その後、職員より取材や視察で訪れた福島・岩手の現状を報告し、5年たった今でも仮設住宅に暮らしている方々の想いや、他地域と比べてまだまだ高い放射線量のこと、津波によって壊れたままの建物の写真等の紹介がありました。

 

学生からは「震災当時は被災地のことや原発にも興味を持って情報を集めていたが、時間が経つにつれてそうしたことがなくなっていた。報告を聞いて、被災地の現状を知ることができた。」といった感想が出されました。私たちにできることは何なのか、医療者としてできること、一市民として関心を持ち続けることの大切さなどについて話し合い、震災から5年目の311日へ向けて、もう一度被災地のことや原発のことについて考え直すよい機会となりました!

 

DSC_3502.JPG31日(火)ランチミーティングでは、精神保健福祉士(PSW)のミニレクチャーがあります。ぜひお越しください(^O^)

 

 

 

 

 

2/2ランチミニセミナー HCUの取り組み[ランチミーティング] 2016.02.05

 岡山協立病院の看護師長さんから、HCU(ハイケアユニット)についての取り組みについてミニレクチャー。HCU高度な治療や容態管理を必要とする重病重態の患者を引き受ける入院治療室で、ICUと比べても設備に差はありません。病態の重い患者さんであっても一般の病室と同じく、医師・コメディカルがチームで患者さんの気持ちや倫理的な問題を考えながらケアを行っているそうです。

 

S__6266886.jpg

 

参加学生からは

「拘束具などの使用はどのような段階を踏んで同意を取るのか?」

HCUICUの違いは?」

などの質問がありました。

 

翌日が23日節分ということで今日のランチは恵方巻き。南南東を向きながら参加者全員でほおばりました!

S__6266885.jpg

S__6266887.jpg

 

次回のランチミーティングは病理検査室についてのミニレクチャーです。

 

 

 

 

 

New&Topics

医学生に役立つ情報誌[季刊]

Medical Times

特集
人はなぜ病気になるのか?~健康の社会的決定要因(SDH)~

研修パンフレット

研修パンフレット
  • フィールドが
    ささえる民医連
  • ここにしかない
    研修医の魅力
  • 確実に身に付く研修
  • 研修医を支える
  • 医師を体感