2015年12月アーカイブ

12/16 学生発表&認知症の学習会&望年会[ディナーミーティング] 2015.12.17

1216日(水)は岡大サポートセンターで今年最後の学習会&「望年会」を行いました!どちらも盛りだくさんの内容で、学生7名、医師4名その他職員あわせて17名とにぎやかな会となりました(^O^)

 

図5.JPG

 

まずは保健学科の学生さんから「胚培養士」という職業について発表してもらいました。不妊治療という言葉は知っていましたが、それに専門的に関わる胚培養士という職業や具体的にどのようなことを行っているのかをはじめて知ることができました。

 

胚培養士が行う体外受精や顕微授精などの生殖補助医療によって、現在自然妊娠以外で生まれている赤ちゃんが増えているそうです。欧米に比べれば制度面などまだまだ遅れているところも多いよう(ex.国家資格ではないなど)ですが、晩婚化といわれる昨今、ますます注目される職業・医療ではないでしょうか。 

 

そのあとは、岡山ひだまりの里病院の本田医師より、「認知症について」さまざまな視点からお話いただきました。認知症の種類や症状、患者数など基本的なお話から、研究段階のワクチンのお話、医療者として病気や数値だけではなく患者さんの生活を知ることで適切な対応ができることなど、現場の豊富な実例をもとにお話していただきました。

 

学生からは、「ひとりで本だけで勉強していたら気づけないことがいっぱいあった。一度実習にいってみたい」、「認知症の鑑別診断に検査の知識がいかせるとは思わなかった。医療としてすべてつながっているのだなと思った」、「サポートセンターにくると学校では学べない現場のお話を聞くことができるので有難い」等々の感想が出されました!

 

DSC_1962.JPG

図1.png

 

その後はクリスマス・誕生日のお祝いもあわせた「望年会」ヽ()ノプレゼント交換もして今年最後のサポートセンター企画は濃くて楽しい時間となりました!ご参加くださったみなさまありがとうございました。来年もよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

OSCE対策講座を行いました![その他] 2015.12.03

122日(水)岡山協立病院にて医学科4年生対象のOSCE(客観的臨床能力試験)対策講座を行いました! 

 

DSC_1404.JPG

参加した4名の医学生には、腹痛を主訴に病院内科外来を受診された30歳、男性、医療器材の営業マンという設定の模擬患者にたいして医療面接を行ってもらいました。

 

今回の対策講座は本番の試験とほぼ同じ内容で行い、病歴に関することや鑑別診断にかかわる情報、患者の心理社会的背景などを引き出せるかどうかが問われ、姿勢や言葉づかいなどの態度もふくめて研修医の先生に評価してもらいました。

 

DSC_1426.JPG

実際の病院外来診察室で、知り合いではない模擬患者を前にして緊張感もあったと思うのですが、みなさん驚くほどうまく面接を行っていました!

 

それでも終了後の感想交流では、「10分という時間が短く感じた」、「話の流れの中で診断に必要な情報を引き出すのが難しかった」、「どうしても聞き忘れてしまう項目がある」、「相づちが多かったかもしれない」等々、それぞれに課題点がみつかったようです。

 

DSC_1453.JPG

また、実際の診察場面はどういったものなのか、試験との違いについてなど学生から研修医に質問も多く出されて、それについて話ができたのもよかったと思います。

 

準備不足でバタバタした面もありましたが、結果的に本番に向けてよい対策になったのではないかと思います!その後の交流会でも楽しく交流できましたヽ(・∀・)1216日(水)にはサポートセンターで認知症の学習会と望年会を行います。ぜひ参加してくださ~い。

 

 

 

New&Topics

医学生に役立つ情報誌[季刊]

Medical Times

特集
人はなぜ病気になるのか?~健康の社会的決定要因(SDH)~

研修パンフレット

研修パンフレット
  • フィールドが
    ささえる民医連
  • ここにしかない
    研修医の魅力
  • 確実に身に付く研修
  • 研修医を支える
  • 医師を体感