2015年5月アーカイブ

5/14()、岡山シティホテル厚生町にて、医療セミナー「心臓を診る・聴く」および、臨床研修病院説明会(岡山協立病院、水島協同病院)を開催し、医学生6名の参加がありました!

  DSC_9449.JPG

まず、岡山協立病院・高橋院長による循環器講座では、参加者が職員をモデルに聴診、触診。講義では臨床の現場でよく聞かれる雑音を中心に、心音からどういった疾患が見つけられるかをレクチャー。 さまざまな心雑音の音声をスピーカーで流し、通常の心音と異常な心音を聴き比べてもらいました。学生からは「実際に異常のある音を聞く経験はあまりなかったので、とてもわかりやすかった」、また現場の医療に沿った説明に「今まで聞いてきたような総花的なものでなく、循環器の要点が理解できた」という感想がありました。

 

DSC_9466.JPG

 

後半は、岡山協立病院、水島協同病院より臨床研修病院の説明や研修医による研修報告等を行い、各病院の研修の魅力を伝えていただきました。オーダーメイドできる研修プランの中で総合的な診療能力を身につけたい、のびのびと自分のやりたい医療ができる環境がほしい、というあなたにおすすめです!

 

今後は、7/5()レジナビフェア大阪に出展する予定です。お越しの際は是非当院ブースにお越しください。ご参加お待ちしています。

 

 

 

 

5/13 ベトナム・リハビリ支援についてのお話[ディナーミーティング] 2015.05.22

 ベトナム・タイニン省にてリハビリテーションを中心とした支援を行っている、理学療法士と言語聴覚士の先生に来ていただき、現地の支援の様子を報告していただきました!

 

DSC_9379.JPG

 

ベトナム戦争で散布された枯葉剤によって先天的な運動器障害を持つ方が多くいらっしゃる中、人々が障害からだけではなく、本当に自立して生活が営めるように支援を行っています。病院のさまざまな職種の方が参加する中、医学生の参加もあり、現地の状況を肌で感じながらボランティア活動を行うそうです。

学生からは「途上国へ行ったことがあるが、今回のお話から改めてボランティアに対する興味がわいた」「自立を支援するリハビリの大切さがわかりました」などの感想がありました。

 

DSC_9384.JPG

 

日本とベトナムの医療者の考え方の差など解決が難しい点もあれば、のんびりとした生活リズムやおいしい食事など、現地に行って驚いた、よかったことなども教えていただき、楽しい報告も聞くことができました!