2015年1月アーカイブ

1/21 「看取りについて」学習会[ディナーミーティング] 2015.01.23

1/21 鹿田キャンパスサポートセンター ディナー

本日の講師から頂いた差し入れで、(イノシシ) 牡丹鍋です。

  DSC_7388.JPG

看取りについての講演、岡山東中央病院院長の眞鍋先生にお越しいただきました。

 

看取りとは:元は看病するという意味でしたが、現代では「最期まで見守る」という一文が明記された辞書もあります。医療現場で使用される場合、一般的には後者を含みます。

 

医療行為を患者の状態別に分類して、延命治療がどういったものかを確認したうえで、欧米と日本の安楽死・尊厳死の認識の違いや、現在国が取っている政策は病院ではなく自宅やその他の住まい(介護施設)で看取る方向に向かっていることがわかりました。

  DSC_7374.JPG

学生からは「人の生き死には、あまり考えたくない問題。でも自分の親族についてもいつかは考えなくてはいけないこと」という感想がありました。

 

 

 

 

2015/1/7 サポートセンター・新年会[ディナーミーティング] 2015.01.14

1/7鹿田キャンパスサポートセンターにて新年会が行われました。年末年始ごろごろしていた人たち多数のため、正月気分のサポセン内部。


 

DSC_6565.JPG
書初め、凧揚げに2015年度に開かれる中四国医系学生のつどい実行委員会の参加報告や、2014年サポートセンターで行われた行事の総おさらいを行い、おでんと七草粥を囲んで終始にぎやかな会となりました。今後の活動目標もいろいろと討議。テーマとしては「平和」、「生活保護」が挙げられました!今後サポセンの学習題目として、練り上げていきたいと思います。


 

DSC_6647.JPG

DSC_6599.JPG


学生のみなさま

寒い日が続きますが、新年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

12/21,22 冬合宿2014水島フィールドワーク[春・夏・冬合宿] 2015.01.05

12/21()22()倉敷市水島地域をめぐるフィールドワークを開催しました!医師1名 学生4名職員5名が参加しました。

  DSCN1237.JPG

倉敷医療生協・水島協同病院を拠点として様々な企画を行いました。

・水島南診療所、前先生からの講演

・医療生協組合員さんの班会活動

・学生による研究室発表

・患者さんの住む町を知るためのフィールドワーク

・水島、玉島地域で行われる在宅医療(往診、訪問看護)への同行実習

訪れた場所や患者さんが抱える問題から、どんなケアが必要か?それを医師・コメディカルがチームとしてどういった方法で支えているかを学びました。

 

DSCN1406.JPG

DSCN1442.JPG

 

学生さんの感想「(家族による在宅介護の難しさから)自分や、自分の両親にとっても他人事ではない」「地域の性質やその人の生活を知ることはコミュニケーションにつながり、また診療でも重要なことがわかった」「医療者、介護者は業務に追われることもあるが、利用者さんの心を本当に救えているかが大切」等がありました。

 

 

 

 

New&Topics

医学生に役立つ情報誌[季刊]

Medical Times

特集
人はなぜ病気になるのか?~健康の社会的決定要因(SDH)~

研修パンフレット

研修パンフレット
  • フィールドが
    ささえる民医連
  • ここにしかない
    研修医の魅力
  • 確実に身に付く研修
  • 研修医を支える
  • 医師を体感