2014年4月アーカイブ

4/22 縫合体験[ディナーミーティング] 2014.04.25

昼が暑くて夜寒い。着ていく服が定まらない。鹿田キャンパスサポートセンターです!4/22は縫合体験を開催しました!

  糸通し.jpg

参加した学生さんは少なかったのですが、医師からマンツーマンでの指導が受けられてかえってよかったのではないかと思います。というのも今回使う円形にまがった針を器具ではさみ、糸を通そうとすると、それすらちょっと難しい (写真上↑)。スタートラインに早く立ちたい!泣 未経験者からすると、縫う結ぶはさらに困難です。スポンジ相手とはいえかなり深めに縫合針が刺さっているのを見て、ちょっと胸焼けがしました。結ぶほうも決まった手つきがあって、間違えると外科の先生に怒られるそう。これまたなんか複雑な手つきで見てもよくわからないし・・・まあやっぱり怪我はしないのが一番ですね!

  musubi.jpg

といっても救急の現場ではそう言ってもおられず、やってくる患者さんを少しでもたくさん早く治すためには華麗な縫合技術が要求されるそうです。写真ではまったく伝わりませんが、かなり華麗です。気になる方はサポートセンターまで。5月も火曜ディナー・ランチ、木曜ランチでお待ちしてます!

 

 

 

4/15、岡山B級グルメを作ろう[ディナーミーティング] 2014.04.15

岡山もようやく暖かくなってきましたね!

そろそろ5月病の発症も増えてくる(^-^)?

本日は岡山のB級グルメを作っての試食会を開催しました!

  えびめし.jpg

えびめし

東京渋谷の「いんでいら」というお店で食べたえびめしに感動した岡山の人が、地元に持ち帰ると大ヒット。他のお店もこぞってえびめしをメニューとして提供したため、結果岡山の料理として認知されるようになりました。黒いピラフのようなものですがはっきりした作り方は謎で、店ごとにいろいろ違いがあるそうです。ウスターソースとドミグラスソースが味の決め手とか。今回は市販のえびめしの素を使用しました!あの地元チェーンの味が再現されて感動。

  ひるぜん焼きそば.jpg

ひるぜん焼きそば

2011B-1 グランプリ姫路大会にて、全63チームの中から栄えあるゴールドグランプリを受賞した間違いのない料理。鶏肉、キャベツ、青ネギとひるぜん焼きそば用のたれでシンプルに仕上げました。山崎先生が鍋奉行ならぬ鉄板奉行を買って出て、それを見守る一同!!私は蒜山のバイキングで食べて約5年ぶりだったのですが、口に含むと高原が見えてきました。が、他のみなさんは初挑戦のためピンと来ず。悲しい・・・

  きびだんご.jpg

きびだんご

岡山といえばきびだんご。と言っても普通のお土産売り場に並んでいるきびだんごは、混ざりもののきびだんごだそうで。今回は特別企画として、きびだんご研究会の幹部のY井さん監修の下、なんと混ざりっけなし100%きび粉による本当のきびだんごを作ることに。こねて丸めて茹でてきな粉を振りかけて・・・出来上がったのはいいのですが、賞味期限なんと驚きの3分!桃太郎が持ち歩けないじゃんか!!やさしい味がして、おいしかったです。

 

 

岡山にもいろいろ名物があるんですよねぇー 汗

次回4/22火曜は、毎年人気の高い縫合体験です!

 

 

 

 

4/13、ハンセン病フィールドワークを開催しました。


今回は学生さんお二人に参加していただきました。場所は長島愛生園。全国的にも大きなハンセン病患者の療養施設です。現地でお昼ご飯を食べて早々、近くの集会所で手打ち蕎麦の、ますますお腹一杯に!

DSC_1929.JPG
ハンセン病は治る病気です。現在療養所で暮らしている人々の中にハンセン病の患者はいません。その昔伝染する病として恐れられ、島に収容された人々はなぜ今もここに暮らしているのか?FWを通じて、参加者それぞれが考えさせられました。

DSC_1969.JPG
納骨堂に献花しました。ここには愛生園で亡くなった方のお骨が何千と眠っているそうです。道中、近年倫理的に問題になった、愛生園に保管されていたホルマリン漬けの胎児の碑を見つけました。親の元へ戻ったお骨もあるそうですが、ほとんどはこちらに埋葬されているそうです。

  DSC_1961.JPG

世界的にも罹患者の多いハンセン病ですが、感染者の隔離政策が近年まで続けられていた国は日本以外にはないそうです。「無らい県運動」と称して、自治体ぐるみで感染者のあぶり出しを行い、愛生園をはじめとする日本各地の収容所に連行し閉じ込めていたのでした。今後、人権教育の場として愛生園を残すため、施設職員さんは様々な未来を模索しているそうです。時間が過ぎても忘れされられることのないよう、頑張っていただきたいと思いました。そして私も、ここで学んだことを次の世代に伝えていこうと思いました!

 

 

 

 

フットサル交流会![その他] 2014.04.12

まだまだ夜は肌寒い中、有志でフットサル交流会を開催しました!

 

久しぶりの集まりだったのもあり、誰もが今回の参加者のレベルを把握できておらず、まあこんなものだろうと勝手に頭の中で考えていた結果・・・相当レベル高い!ふくらはぎがつる!!

  20140412フットサル.JPG

しかしみんなよく動く動く。さわやかな汗を流し、楽しそうにプレーする姿が見られました。アフターは王将で食事会! スポーツの後の中華料理って高校生みたいと誰かがつぶやいてました。次回開催も声が上がれば検討中!

 

 

 

医学部新入生・在校生のみなさん新年度のスタートですね!新しい出会いや環境にわくわくしていることかと思います。鹿田サポートセンターでは、毎週火曜にディナー・ランチ、毎週木曜にランチを用意して、学生さんをお待ちしています。ディナーでは毎回テーマを変えた企画を開催。医系学生の方なら、すべて参加無料!

新年度1回目のディナーは新歓、一人暮らし応援企画です!

 

20140408ブログ写真.jpg

参加者には岡山大学医学部周辺のスーパーや飲食店、その他のお店などが載っているマップをプレゼント!お米の炊き方、料理の仕方など、新生活に必要なことを先輩学生からレクチャーしてもらう・・・はずだったのですが本日は先輩のみの参加で新入生はいませんでした。残念!でもせっかくなので、集まってきてくれた参加者でイノシシ肉をみぞ味で煮た珍しい「牡丹鍋」をみんなで食べました。意外にも臭みがなく、おいしかったです!!

 

 鹿田サポートセンターは日曜を除く毎日11:00~18:00頃まで開いています。また、火曜のディナーは21:00頃まで。学校ではなかなか学べない医療の現場のことを、コ・メディカルや 医師を講師に招いて勉強する企画もあります。詳しくはサポセン 職員か、本webサイトの「トピックス」でご確認ください!

 

 新入生・在校生のみなさんのご参加お待ちしてます!!

 

New&Topics

医学生に役立つ情報誌[季刊]

Medical Times

特集
人はなぜ病気になるのか?~健康の社会的決定要因(SDH)~

研修パンフレット

研修パンフレット
  • フィールドが
    ささえる民医連
  • ここにしかない
    研修医の魅力
  • 確実に身に付く研修
  • 研修医を支える
  • 医師を体感