2013年10月アーカイブ

骨粗しょう症というと、自分には関係ないと思う方もおられるかもしれません。しかし、性別に関係なく、加齢によって確実に骨はもろくなっていきます。そのため、日ごろの食事や運動が後々の骨密度などに大きく影響します。若いから、健康だからといって、けっして無関心ではいられません。

 

 

・・・と、いうようなことを1015日、岡大サポートセンターに岡山協立病院の放射線技師さんをお招きして教えていただきました(*^^*)

 

IMG_0010.JPG

 

測定自体は一瞬!それでいまの骨の質がわかるから驚きです。食事や生活習慣についてアドバイスもいただけるので、みなさんも一度測定してみることをおすすめします☆☆☆

 

ちなみに僕の測定結果は、「異常なし」の範囲ですが、将来のことを考えると「決して油断できない」値でした。これからは、牛乳や青魚など、骨の材料になる食材を意識して、バランスよく栄養をとっていきたいと思います!

 

 

サポートセンターではみなさんのご要望をもとに、楽しく学ぶ企画を開催しています。お気軽にお越しください(^o^)




                    

いまテレビでは、伊豆大島に直撃した台風26号の被害が大きくとりあげられ、台風の脅威をあらためて感じている人も多いと思います。

 

先月9月13日から16日にかけて発生した台風18号がもたらした被害も、まだ記憶に新しいところですが、この日は岡大医学生Mくんら有志がおこなった京都舞鶴でのボランティアの報告をききました。

P1140859.JPG

  これまで災害医療について学んできた彼らだけに、しっかりと事前準備もして現地に入ったそうですが、それでも台風18号がもたらした被害を目の当たりにし、驚くことがいっぱいあったようです。

 

現地で家屋の床の泥を外に流したり、道路わきの漂着物を撤去する作業を通して、「ひとりひとりの力は微力だが、集まって作業することで困っている人の力になれるし、力になりたい」という想いがひしひしと伝わってくる良い報告会でした。

 

この日はさんまのかば焼き、けんちん汁、柿やザクロもあって、お腹も満足、学習もして楽しい1日でした(*^_^*)

P1140851.JPG

 みなさんも気兼ねなくサポートセンターに寄ってみてください!待ってます!




作ってみよう!~調理実習編~[ディナーミーティング] 2013.10.01

そろそろ衣替えしなきゃ...と思いながらも、まだ暑い日が続きますねぇ。

先週の岡大ディナーミーティングは、栄養士の明関さん(岡山協立病院)に来ていただき、男子厨房に入り、作ってみよう!と調理実習を試みました。

今回は、名古屋の手羽先、やみつきキャベツ、おくらと玉ねぎのからし和え、豚こん(すじこんを豚にしたもの)など、4品にチャレンジ。

有名な名古屋の手羽先は、いとも簡単に作れ、しかも、ほんとにうまうま!

ただ唯一の難点は大量の油はね。でも、熱く痛い油はねも報われるほどのおいしさに脱帽でした。やみつきキャベツは、お店で食べているのかと思うほどの美味しさ♪ ほかの2品もしみじみおいしい。しあわせ♡

20130924調理実習.JPG一緒に作った男子、担当者男子からも、一番人気はやはり、名古屋の手羽先でした♪どれも簡単に作れて、しかもおいしいなんて、いいこと尽くめ!でした。

簡単&美味しい料理を紹介していただいた明関さん、ありがとうございました!

秘密のレシピは、サポートセンターにて公開中です。ぜひお立ち寄り下さい。




New&Topics

医学生に役立つ情報誌[季刊]

Medical Times

特集
人はなぜ病気になるのか?~健康の社会的決定要因(SDH)~

研修パンフレット

研修パンフレット
  • フィールドが
    ささえる民医連
  • ここにしかない
    研修医の魅力
  • 確実に身に付く研修
  • 研修医を支える
  • 医師を体感