2010年9月アーカイブ

9/28 (火) 鹿田ディナーミーティング[ディナーミーティング] 2010.09.29

だいぶ涼しくなり、秋らしくなってきました。


毎週火曜日、鹿田分室で恒例のディナーミーティングを開催しました。

 

献立は、きのこ・栗ご飯、肉じゃが、お味噌汁、タコの酢の物でした。

 

100928_1846211.jpg秋らしい献立で、来てくれた学生さんは、おかわりをしていました。

 

学生さんからは、夏休みの思い出を聞いたり、8月に岐阜であった医ゼミの報告や岡山県民医連主催の夏合宿の報告などがありました。

 

また、検査学科のNさんが就職が内定するなどいい報告もありました。

Nさん来年4月より、夢をかなえるために頑張ってくださいね。

 

また、医学科のKくんが、10月16日(土)11時~岡山国際交流センターで自身の骨髄移植の体験を講演されます。

皆さん、是非 足を運んでみて下さい。

また今週より、火・木・金には分室に職員が常駐しますので、是非お越しください。

 

 

 

第二回 お好みパーティー in 鹿田[ディナーミーティング] 2010.09.16

どうもT・Kです。
本日の鹿田ディナーミーティングはお好み焼きパーティー。
3名の学生が参加し、広島風お好み焼きを、焼いては食べ、焼いては食べしました。

キャベツの千切りが百切りくらいになりましたが、焼いてしまえば丁度よくなります。
岡大Nさんにも千切りをしてもらいましたが、ワイルドな一面を見ることとなりました。

広島焼きといえば、以前にも登場した岡大Fシェフ。
もちろん今回も参加。

今日は明言が飛び出しました。

私が職員のN氏が焼いている姿をみて、
「普通広島焼きはそんな風に焼かないですよ。」と口にするやいなやFシェフが、「普通なんてないですよ。お好みに焼いたらいいんですよ。お好み焼きなんだから。」と。

鈍器でがつんと頭を殴られたように感じます。
お好み焼きの神様、すみませんでした。

お腹も満たされた後、N氏が完成度の低いムーンウォークを披露してくれました。

次回のディナーは9月21日(火)19時からです。
それからそれから、別の企画もご紹介します。
①縫合実習
②高校生模擬面接会
―――――――――――――――――――――――――――――――――-
①「外科医に学ぶ縫合実習」 10月3日(日)10:00~  in川崎Branch
 人工皮膚を使った縫合体験をしてみませんか?医学生さんの参加お待ちしています。
②「高校生応援企画!模擬面接会」 10月16日(土)13:30~ 水島協同病院
10月30日(土)10:00~ 岡山協立病院
高校生対象の企画です。医療系の大学および専門学校への進学を希望する高校3年生に、本番さながらの緊張感を感じてもらえる企画です。医療系学生さん、先輩として参加して、後輩達の力になってあげてくれませんか?


臨床スキルアップセミナー[実習体験] 2010.09.09

2010年 10月23日(土)に
『 医学科生対象 臨床スキルアップセミナー 』が開催されます。

場所は、岡山協立病院隣COMCOM会館で行われます。


「ポリクリに出る前に基礎をしりたい」

「診察の練習がもっとしたい」

「診断技術についてもっと学びたい」


などという方はいませんか?

そういった方は是非ご参加ください!!


講師は、臨床の第一線で活躍されている、

  岡山協立病院 内科医  高橋 淳 医師

  水島協同病院 内科医  畑野 樹 医師

内容は、胸部レントゲンの基礎・医療面接などを予定しています。

 


興味のある方はご連絡をお待ちしています。

10月15日(金)までに、電話もしくはメールにてお申し込みください。

 

【主  催】岡山県民主医療機関連合会
【所在地】岡山市北区下伊福西町1-53 3階
【対  象】医学部医学科 4・5・6年生

【参加費】1,000円

【連絡先】Tel:086-214-3911   E-Mail:okayama@min-iren.gr.jp

【担  当】曽根、西田

 

図1124.gif

 

 

 

 

Branch ディナーミーティング[ディナーミーティング] 2010.09.09

9/7(火)に川崎医科大学分室(通称 Branch)でディナーミーティング(以下ディナー)をしました。

なぜ Branch かと言うと、木の枝のように、知識と仲間を広げていこうという思いで付けられました。


話がそれましたが、今回のディナーには、川大の学生が5名参加してくれました。
その内の1名は初参加でした!


内容は、晩御飯を食べながら、各々の夏休みの報告をしました。


8/16~18に行われた全国つどいの報告から、長島愛生園を訪れた夏合宿、山岳部旅行、鳥人間コンテスト、西医体やスペイン旅行の話まで、とても盛りだくさんの内容でした。

スライド写真を見ながらの報告だったので、皆の楽しそうな様子がとてもよく伝ってきました。


今後は、まずは月1回ペースでディナーを開催していく予定です。
学生のニーズがあれば、隔週でも毎週でも開催していく予定です。

今のところ、第何週目かは決まっていないけど、木曜日を定例化にする予定です。


今後の予定としては、10/3(日)に縫合体験学習を予定しています。

人工皮膚ですが、実際に縫合を体験できるので、学生も楽しみにしてくれています。


興味があれば、参加してみませんか?
もちろん、初めての学生も大歓迎☆  お友達を誘っての参加もOKです。


興味がある方はこちらまで↓
 岡山県民医連 086-214-3911   担当:西田

 

 

 

 

2010年 医系学生 夏合宿[その他] 2010.09.02

8月24~25日の「ハンセン病の歴史から人権を学ぶ」というテーマで、長島愛生園を訪れました。今回の参加者は、26名でした。

最初に訪れたのは歴史館でした。

IMG_4710.JPG愛生園職員の田村さんから、ハンセン病の歴史・ハンセン病患者を巡る情勢など資料を交えて説明を聞いた後、見学をしました。

その後、フィールドワークで監房や浅橋、納骨堂などを見て周り、初めて目にする学生からは、とても威圧感があったという感想でした。学生から2名代表して献花を備えさせてもらいました。田村さんの話でもあった「入居者の方たちは、かわいそうな方たちではなく、現状を打開して運動をしてきた強い方たちです」という言葉が印象に残りました。

IMG_4748.JPG午後からは、愛生園の藤田園長や入居者の金(キム)さんのお話を聞きました。医学的なハンセン病の開設や治療法・後遺症など詳しくハンセン病を医学から考えたり、金さんのお話では、ユーモアを交えながら、当時の様子、らい予防法廃止について国との裁判のやり取りを話してくださり、当時の運動を頑張った思いや国の政策で隔離されたことに関する考えなど大変興味深く聞かせてもらいました。

夜は、前島のカリヨンハウスにてBBQをしました!職員と学生で、お酒を交えながら楽しく交流しました。その後、花火をしたり、絵伝言ゲームなどをして夜遅くまで盛り上がりました。

IMG_4792.JPG翌日は、牧野光明名誉園長を招き「私が歩んできた道 ~ハンセン病の歴史から学ぶ~」では、先生のハンセン病とのかかわりや、国家賠償請求の取り組みなどを伝えてもらい、最後に若い世代へのメッセージでは、「悪いことは悪いとしっかり言えるようになりたい。また悪いとしっかり言うには正しい知識が必要。正しい知識は科学的に裏付けられたもの。学習を深めて欲しい」とのことでした。

その後、レクレーションではいかだチームと陶芸チームに分かれて思い思いの時間を過ごしました。

最後に学生一人ひとりに、どんな医療従事者になりたいか発表してもらうと「患者の目線に立った医療をしたい」「人権を大切にして取り組みたい」など合宿で学んだことを将来に活かせる合宿になりました。

 

 

 

 

New&Topics

医学生に役立つ情報誌[季刊]

Medical Times

特集
人はなぜ病気になるのか?~健康の社会的決定要因(SDH)~

研修パンフレット

研修パンフレット
  • フィールドが
    ささえる民医連
  • ここにしかない
    研修医の魅力
  • 確実に身に付く研修
  • 研修医を支える
  • 医師を体感