2010年6月アーカイブ

6月3日(木)[その他] 2010.06.18

どうも。きしもとです。

川崎Branchでの映画鑑賞会も第3回となりました。
今回の映画は「おくりびと」です。
参加者は医学生4名、検査学科生1名、現役医師1名を含む職員4名、計9名でした。


ベリーズのPizzaを食べながら、ゆったりと鑑賞。


私、おくりびとを見るのは3回目くらいですが、

やっぱり、

いい。


鑑賞後感想交流。

以下感想抜粋↓

『納棺師という仕事を初めて知った』
『田舎だからなのか、あんなに嫌われる職業だということに驚いた』
『医学生の立場から言えば、「最後はあの人に看取ってもらいたい」そう思われる医師になれたらス テキだと思う』
『普通の人で生死に普段関わらない人が、いざ人の死を間近にするとどう対応するかというのが分かった。また、そのような人がどんどん人の死を受け入れ成長していく様がとても面白いと思った』

以上↑


個人的に思うのですが、
病院で働いていると、「死に様」は「生き様」だと感じます。
その人がどんな人生をおくってきたのか、少なからず分かります。
映画でもっくんも言っていましたが、この人の人生は幸せだっただろうか、と感じることもあります。「死」が「日常」の病院だからこそ、死について深く考える必要があると、改めて感じたのでした。

 

どうでもいいですが、私がおくりびとで好きなシーンをお教えしましょう。

主役のもっくんが仕事を辞める決心をして職場に行く。山崎努氏演じる社長のもとへ行き、一緒に白子を食べるシーン。

20090511-1.jpg

社長「俺達生きてるやつは、命をうばって生きてる。こいつらは別だけど(観葉植物を見ながら)。死にたくなきゃ食うしかない。どうせ食うなら、うまい方がいい。」

社長、塩をふって白子を食べる。とても美味そうに。もっくんも食べる。

もっくん「うま。」という顔。

社長「うまいだろ。うまいんだよ。困ったことに。」

 


ちょっと違うかもしれませんが、雰囲気こんな感じ。

だれかこのシーンすきな人いませんか?

今のところ共感は得られていません。

 

今後の企画は後日お伝えしていきます。お楽しみに。

 

 


 

6月1日  鹿田ディナー[ディナーミーティング] 2010.06.18

 火曜日は、毎週恒例の鹿田分室でのディナーの日です。ただ6月より隔週になっております。次回は15日、29日の開催なのでご注意を!


 ランチはしばらくお休みにするので、学生さんの希望があったら教えて下さい。

 

 さて今日のメニューは、鳥のさっぱり煮、コールスローサラダ、たことキュウリの酢の物、蜆の味噌汁、豆ご飯でした。今日のシェフは、岡山協立病院の医師医学生課の古徳、荻野でした。まったく料理のできない荻野に、キュウリの切り方から教えてもらいながらの調理になりました。味が大変心配でしたが、調理の先生がよかったのか?それとも助手の才能があったのか、学生には大好評でした。

IMGP3409.JPG 特に鳥のさっぱり煮は、学生さんから「さっぱりして食べやすい」と好評でした。今日は、学生さん4名の参加でした。

 

 次回もみなさんふるって参加してくださいね。

 

 

 

New&Topics

医学生に役立つ情報誌[季刊]

Medical Times

特集
人はなぜ病気になるのか?~健康の社会的決定要因(SDH)~

研修パンフレット

研修パンフレット
  • フィールドが
    ささえる民医連
  • ここにしかない
    研修医の魅力
  • 確実に身に付く研修
  • 研修医を支える
  • 医師を体感